本文へスキップ

吸入実験装置の柴田バイオテクノロジー

実験動物飼育器材SERVICE&PRODUCTS

パルマスマルチシート

木と紙の中間的構造とも言えるパルマスシリーズは、木の強靱さと紙のやさしさを併せ持ち、実験動物によりよい飼育環境を与えます

その構造は、堅めの微小木毛(アスペンのパルプ)が半紙状化した状態で残り、厚さ0.8mmのなかで石垣状態となっています。これによって良好な通気ルートを形成しています。この特殊な多層構造が、適度な堅さと吸水性を保ちながら速やかな乾燥性を確保します。


オートクレーブ滅菌が可能: オートクレーブにて滅菌処理した後、24時間ほどの乾燥時間をおいてご使用できます。その際に機能や形状に変化はありません。

セッティングと交換が簡単: 床敷交換が簡単に行えます。また、糞尿がケージに付着しにくいためケージ洗浄作業の効率化が図れます。 粉塵などは発生しにくいので安心してご使用できます。 廃棄後は一般廃棄物として焼却できます。

廃棄物の重量・容量が軽減できます: 同一条件下における木製チップとの比較において、パルマス®シリーズの廃棄時重量は約2/3、容量では約1/4に軽減されます。これにより、作業の軽減化はもとより廃棄物処理費用の節減にもつながります。 バージンパルプのみを材料としてますので安全です。

バナースペース

柴田バイオテクノロジー株式会社

〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-3-14

TEL 03-6240-1621
FAX 03-6240-1830